梅毒

スピロヘータの一種である梅毒トレポネーマという細菌によって感染します。
感染経路は主に性行為(SEX)です。自覚症状がすくなく、潜伏期間が長いため、知らないうちに多くの人に感染させてしまう可能性があります。
又、感染したまま妊娠すると胎児に感染し、先天梅毒児となります。
この病気は早めに治療すれば完治しますが、放っておくと脳の神経が
おかされることもあります。
※外陰部に大豆~そら豆大の硬いしこりを見つけたら、すぐに病院へ行きましょう。

主な症状

【第1期:感染~3ヶ月】

2~3週間の潜伏期間後、外陰部に大豆~そら豆大の硬いしこりができます。
そけい部のリンパ腺も腫れますが、この時期に痛みはありません。 これらの症状は一度、
自然に消えますが治ったのではありません。

【第2期:感染後3ヶ月~2・3年くらい】

この時期は、全身に菌が広がる時期で、感染力が最も強い時期です。
梅毒疹というバラ色の発疹が全身にできます。完治しないでいるとこの状態が2~3年続きます。又、頭痛・発熱・間接痛・倦怠感などの症状が出ることもあります。

【第3期:感染後2・3年~10年くらい】

骨・筋肉・内臓などに硬いしこりができます。

【第4期:感染後10年以上経過】

心臓・血管・神経までおかされる状態で、死に至ることもあります。
進行性の麻痺・梅毒性の動脈炎・脊髄の痛み・認知症・失禁等の症状が出てきます。

検査方法

血液検査で分かります。検査は性行為後1ヶ月以降をおすすめします。

治療方法

抗生剤投与で治します。

その他の性病紹介はこちら